節税対策について

法人として、どのように節税をしていくかは頭を悩ませている問題かと思います。今回は法人保険のメリットや注意しておきたいことについてもまとめているので、よくみて検討してください。節税対策や万が一の保障にもなり、安心を買える保険でもあります。会社の為にも従業員のためにも加入を考えましょう。どうぞご覧ください。

法人保険の節税対策でのメリット

  • 後継者の為の税金対策になる
  • 自社株評価を下げて税金の負担を減らせる
  • 今後払う税金の資金になる
  • 退職金の積立になる
  • 解約返戻金を担保に融資を受けることができる
  • 経営者に万一のことがあった場合に保障がある
  • 解約返戻金を赤字補てんに使える
  • 福利厚生プランを利用すれば従業員の怪我も保障される

法人保険とは

女性

法人保険は企業経営をサポートする保険であり、節税対策としても使われています。法人保険を正しく使うことで、節税対策はもちろん、様々な事態を保障してもらえる便利な制度です。法人税は課税所得に法人税率をかけた式で算出されます。課税所得は利益から、費用である損金を差し引いた額になります。保険はその損金になり、課税所得の合計額が減ることで節税対策になるのです。

注意しておきたいこと

老夫婦と男性

法人保険を利用する際に注意しておきたいことがあります。法人保険は解約時に受け取れる解約返戻金というものがありますが、それを受け取る時に法人税がかかります。ですので、解約返戻金をただ受け取るだけでは法人税の後回しをしているだけです。しかし、使うあてがある場合には大きな助けになります。ですので、受け取った後にどうやって利用するかを良く考えて置くことが重要です。例えば、従業員の退職金や赤字の補填です。その場合は解約返戻金を使うことで有効に利用できます。

将来を見据えると得になる!?

老夫婦と男性

法人保険は納税を解約返戻金を受け取る時に回すことができます。将来的に法人税が減税されていけば、法人保険はかなり有効な手段と言えます。その場合は、解約返戻金の使いみちが決まっていなくても有効な節税対策になっていると言えます。しかし、法人税の変遷はどうしても予想ができないので、難しいところですね。最近では法人税が下がっている傾向にあるので、節税対策に法人保険は有効です。加入を検討する時には、保険料と損金の割合を確認しましょう。保険料と損金の差が少ないほど、節税対策になります。なかには損金にできる割合が少ない法人保険もあるので、よく検討して加入するようにしましょう。

広告募集中